Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

石橋秀仁(zerobase)書き散らす

まじめなブログは別にあります→ja.ishibashihideto.net

著作物をハックして合法的に「素材」として利用しつつ、その作品を公開する方法

著作権違反にならないのは私的複製。ならば著作物を含まない半完成品と、完成するための自動処理ソフトウェアを配布して、ユーザーの手元で完成させればいい。

「素材(=copyright materials)を取得して成果物を組み上げるプロセス」を自動化する。そのスクリプトをOSSとして配布する。デザイン製造プロセスの自動化。

そのOSSを使うこと自体は「私的複製」の範囲になる。

実質的に「二次著作物の配布」でありながら、合法的な「私的複製」として流通させることができる。

素材になる著作物のURIがわかってればいい。それらを取得し、リサイズしたりエフェクターをかけたりする作業は自動化すればいい。そういう一連の処理をスクリプト化すればいい。ImageMagickでもcairoでもPhotoshop JSXでもね。でmakeすれば完成。

PhotoshopIllustratorやAftereffectsのようなオーサリングツールの操作ログを使って、JSX等でオートメーション(自動化)すればいい。