Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

石橋秀仁(zerobase)書き散らす

まじめなブログは別にあります→ja.ishibashihideto.net

ウェブ業界人よ「開発者ですか?」「いいえ、デザイナーです」というやりとりをやめてくれないか?

「開発者ですか?」「いいえ、デザイナーです」っていうやり取りするのをやめてもらえませんか?

デザイナーも開発者でしょ? 裏返せば「開発者」と「エンジニア」を同義語扱いするのがおかしい。

UIデザイナーなら「はい、開発者です。おもにUIデザインをしています」とか言えばいい。

「開発」に携わってるなら「開発者」なんだよ。

本当に「デザインは開発ではない」と考えてるの? 正気か?

いますぐ「ウェブ開発 ワークフロー」で画像検索して、あらゆる図に「デザイン」って書いてあることを確認したほうがいい。

ほとんどの開発プロジェクトの体制図に「デザイナー」や「デザイン担当者」という記載があることもだ。

どこからどう見ても「デザイン」は「開発」だ。

(ここまでアジ)


(ここから冷静)

ウェブサービス開発に携わるウェブ開発者(エンジニアやデザイナー)にとって、ウェブサービスのすべてを一人で作ってみるという体験は非常に有意義です。なるべく簡単な物がいい。Todoリストのアプリとか。

1日でわかるWebサービス制作の全て ~企画から実装まで~』のような「ウェブ開発の全体像」を理解しておくのは重要。まあ、これにはデザインの観点が抜けてるけども。


(ここからメタ)

「デザイナー」と「エンジニア」のギャップを埋めて、コラボレーションを促進していく必要がある。

そのためには、どちらも同じ「開発者」であるというアイデンティティを構築していく必要がある。

だから「開発者ですか?」「いいえ、デザイナーです」というような「開発者」の意味を駆逐しなければならないのです。


(メタメタ)

デザインのディスコースをデザインしていくことが、デザインという領域にとって必要なことです。

それはつまり実践だけではなく批評も大事だということです。

世界は言葉の力で変わると信じること。